何度も修理しているのに雨漏りが止まらない。なぜ?


実際によくあるケースです。 築19年 木造総2階のお宅



どこに相談?

雨漏りしてきたわうちもそろそろ古くなってきたから屋根が痛んでるのかしら?雨漏りの修理って誰に頼めば良いのかしら?
家を建てて貰った工務店さんかしら?
それとも以前にリフォームして貰った大工さんかしら?

工務店に相談

分からないから、とりあえず建てて貰った工務店さんにお願いしよう。

工務店の対応

それではすぐにお伺いします。雨漏りはどこからしていますか?

雨漏り箇所説明

天井に染みがあるのでたぶん屋根からだと思います。

工務店調査

屋根を見させて頂きましたが瓦に割れや欠けが所々見られます。
経年劣化だと思われますがそろそろお家も20年経たれますので屋根の葺き替えの時期がきています。
雨漏りもされている事ですし、この際思い切って葺き替えを検討されたらどうでしょう。

調査結果

やっぱり屋根が原因だったのですね屋根は建ててから一度も手を入れて無いので仕方ないのかしら・・・
葺き替えていったら費用も沢山掛かるし困ったわ・・・
主人が帰ってきたら早速相談しなきゃ

主人に説明

そうかあ・・・
でも雨漏りしているから修理は仕方ないよなあ
費用はかかるけど思いきって屋根の葺き替えでお願いしようか!

工務店の対応

かしこまりました。
それでは責任もってこちらで屋根の工事をさせて頂きます。


後日・・・・・

工務店下請けさん


工務店下請けさん

10日ほどで屋根の葺き替え工事が完了。

工事完了

ありがとうございました。
これで安心して暮らせます。


ところが・・・1年後


また雨漏りしてきた

また雨漏りしてきたじゃないの
去年治して貰ったのにどういうことかしら。

雨漏りの原因が違った

屋根は昨年に全部葺き替えをしましたし間違えなく屋根から漏れるって事はありませんよ。
雨漏りの原因は屋根じゃなかったかもしれませんね。

これじゃ困る

たくさん費用をかけたのにこれじゃ困る!!
なんとかしてくれ!

工務店の対応

わかりました。すぐに対応いたします。


それから何回も工務店さんが調査するも結局雨漏りの原因がわからず・・・
そこで奥さまは以前リフォームして貰った大工さんに依頼しました。


大工さん


大工さん

大工さんが雨漏りしてそうな箇所を何度もコーキングで埋めました。


しかし・・・何回コーキングしても雨漏りは止まらず・・・


原因がわからない

何度やっても雨漏りが止まらないことにほとほと疲れ果てたご夫婦は、雨漏りの事をもう考える事が嫌になり年に数回しか漏れないからという事で半ば諦めかけていました。

当社への依頼

たまたまご主人様が当社のホームページをご覧になられご連絡を頂き雨漏り調査の依頼をお受けすることになりました。

当社の対応

それではお客様のご都合の良い日程にお伺いします。
散水試験を行い、雨漏りがどこからしているか原因を突き止めます。
1日かけないと分からない時もありますのでお時間ある時でお願いします。


後日・・・・・・・・


当社の対応

雨漏りする時はどのような雨の時ですか?

不安

そうねえ・・・
普通の雨の日は漏れないかしら。

当社の対応

どしゃぶりの雨の時はどうですか?

不安

そうねえ・・・
雨が多い日でも漏れない時もあるかな・・・

当社の対応

では台風とか横殴りの雨が降る時風が強い日の雨で漏れてませんか?

不安

言われてみればそうかもねえ
去年の台風では雨漏りしたわ
今年はしていなけど・・・・

当社の対応

では雨漏りしているお部屋を見せて下さい。
雨漏りしているお部屋は一階リビングの天井でしたよね

当社の調査

お部屋に案内され良く見ると.・・・・
ビニール系クロスが貼ってあり余り目立ちませんが天井だけでなく壁紙にも雨染みらしきあとが・・・

当社の調査で大変な事が判明

早速、家の外部を点検してみると・・・
1階2階サッシュ周りにコーキングを打った跡がびっしり!
本来コーキングしてはいけない箇所まで雨を入れまいと必死に考えるあまり入った雨の抜け道を確保すべき隙間までコーキングで埋まっています・・・
これではかえって逆効果に

当社の散水試験

雨漏りが疑われる箇所を順番に散水試験した結果・・・
雨漏り個所はなんと2階の壁からと判明!!
外壁に所々ひび割れが塗装も劣化し防水性が全くない状態だということが判明しました。


今の住宅は軒先が昔と比べて短く30~60㎝しかないお宅が多く、そのため風があるような日だと雨が壁や窓枠周りに当たり外壁も劣化しやすくなっています。
直射日光も当たり易く、塗料の劣化から壁が痛み雨漏りを引き起こす例が多く見られます。


当社の外壁補修

お客様に調査結果を報告し外壁のヒビを補修した後外壁保護のため防水性の高い塗料を塗りました。

解決

結果、無事雨漏りも解決して安心して暮らせる家に戻りました。


今回のように最初に雨漏り個所を特定しないまま業者が工事を進めてしまった結果、雨漏りは改善されず。
お客様の費用負担ばかりが増えていくようなケースが後を絶ちません。
残念ながらみなし工事を行う人間が多いのも事実です。
おそらく・・・だろう・・・といった回答しか業者から得られない場合は専門の雨漏り調査を依頼されることを強くお勧め致します。
まずは、雨漏り個所の特定を第一に雨漏りは屋根だけではなく、壁や板金部材、配管や時には電気配線からといったような例もあります。
だからこそ先入観を持たず冷静な目で雨漏りの特定をする必要があります。


当社にお任せ

雨漏りに関する無料相談も随時行っております。
ご相談だけでも結構です。
雨漏りにお困りのお客様お気軽にご相談下さい。